バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通ウルトラブック(Ultrabook)は超パソコンUH75/HN口コミレビュー

富士通ウルトラブック(Ultrabook)
ノートパソコンUH75/HN口コミレビュー
 を予告通りしたいと思います^^

top1fujitsuultrabook007799.jpg

【2012最新夏モデル】極限まで研ぎ澄まされた美しさ。感動のUltrabook(TM)が登場。

富士通ユーザーの私は、先月のリンクシェアフェアで、
今いちおしウルトラブックの スマートすぎる美しい姿 に、一目ぼれ(♡´◡`♡)""

   ~ウルトラブックとは~

200fujitsuultrabook1.jpg昨年末に彗星のごとく現れた、新しいパソコンのジャンル。
見ての通り、下敷き並みに薄いディスプレイや極限までそぎ落とされた本体でありながら、起動も早く、衝撃にも強いまさに 「超・パソコン」
ウルトラブックには、インテルが提唱している厳しい条件がありますが前回
←記事に詳しく書きましたご興味ある方はクリックしてご覧下さい^^

前回記事→ウルトラブック(Ultrabook)比較、富士通・SONY・東芝
 


私がパソコンに求めるものと言ったら、

①起動の速さ
②記憶媒体の容量
③デザイン(省スペース含む)
④堅牢性
⑤確かな品質(長持ちしそうか)


といったところでしょうか。

それら全てを兼ね備えてしまった、富士通のUH75/HNに出会った衝撃を
以下でレポートしたいと思います。


とにかく驚くほどの省スペースだが、拡張性はある。


富士通のウルトラブックUH75/HNは、語りどころが沢山あるわけですが、
何よりも ショッキングな要素はやはりこの薄さ。

Fujitsu ultrabook0089001

LIFEBOOK UH75/HN
icon

私が今使っているノートパソコンと見比べてもありえないぐらいの厚みです。
リンクシェアフェアでは、やはりカスタマイズモデルのLIFEBOOK AH78/HNA
が展示してありましたけど、比べるとこんな感じでした。

ultrabookhikkau921.jpg

LIFEBOOK AH78/HNAも十分薄くて、W380 × D258.5 × H28.5 ~ 33.0mmなのですが、
ウルトラブック仕様のUH75/HNは、W 327 × D 225 × H 9.0~15.6 mm

半分以下の厚みで圧倒的にスリム化されています。

立てて比べてみますと、ディスプレイの薄さに合わせて
本体の薄さも際立ちます。

lifebook0121.jpg

本体をこのように薄くすることができたのは、マルチドライブ、
Blu-ray Disc/DVD/CDドライブを一切付けなかったという点が
大きいのです。

外で使う時にはそれでもいいけど、室内でも兼用で使う場合は、
マルチドライブがないとちょっと不便かもしれませんね。

ですが、UH75/HNは、ポートリプリケーターと呼ばれる(サテンシルバーのみ)
拡張器具がありますから、ご自宅に帰られたら、ウルトラブックを

fujitsuripu66anigif.gif

はめて使えば、外付けHDDだろうと大画面ディスプレイ接続だろうと
なんでもござれですよ~~ 心配ないない^^

外出時は、別にマルチドライブなんていらないと思うから(私は)
これってすっごく合理的だと思うよஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*"

00fujitsuultra1.jpg

 
 ~PC本体インターフェース~
 ダイレクト・メモリースロット(注C21) SD メモリーカード対応
 USB(注C22) USB3.0 準拠× 2(右側面× 2(うち1 ポートは電源オフUSB 充電機能付))、
 USB2.0 準拠× 1(左側面× 1)HDMI出力(注C23) × 1
 LAN 専用コネクタ× 1 (注C24)
 オーディオ ヘッドホン・ラインアウト兼用端子(注C25):φ3.5mm ステレオ・ミニジャック
 ポートリプリケータ接続コネクタ <サテンシルバー選択時> ×1<サテンレッド選択時> なし



起動の速さや、記憶媒体、堅牢性について


ウルトラブックの規定として、7秒以下の高速起動 というものがあるのですが、
そのためには、従来のHDDではなく、フラッシュメモリーを使ったストレージ「SSD」
を、殆どのメーカーが採用しています。タブレット端末などもSSDが使われていますが
SSDは、HDDと違って動作部分(というのでしょうか)がないぶん起動も早く、
衝撃に強い!のです。

私は去年HDDをちょっと落としてしまったら、内部でカシャカシャ音がして昇天しました。
ほんと、衝撃に弱いです。HDDは。

satinredultrabook0.jpg
(UH75/HNはサテンシルバーとサテンレッドの二色あります)

UH75/HNは、富士通WEB MART限定で、カスタムメイドモデル
というものがあるのですが、そのモデルの場合、

富士通 FMV LIFEBOOK UH

◎約500GB+高速処理用SSD [標準] 高速処理用SSDは、データ保存領域として使用できません。
◎約128GB SSD+高速処理用SSD [+26,000円]
◎約256GB SSD+高速処理用SSD [+52,000円]


と、選択できますので、SSDのみで堅牢に作りこむこともできます。

ですが、富士通のウルトラブックは耐衝撃性も実は優れているので、

(天版全面加圧試験(約200kgf)クリア)予算によってはHDDつきもありですね。

(落下には精密機械につき十分注意しましょう!私の様にならないため・・)

メイドインジャパンの真髄。思いやりのPC


最後になりますが、富士通は今もなおメイドインジャパンを
守っている数少ないメーカーです。

されど日本製、やはり日本製は大したものだと

5年以上私は富士通のパソコンを使っていて実感しています。

ぶっちゃけ壊れてないって話なんですけど。デジカメでもパソコンでも
ほんと、タイマーでも入ってるの?っておもうくらいに3-4年ひどいときは
1-2年で調子悪くなる電化製品。

富士通のパソコンは今も私の手元で堅実に働いてくれています。

そういった誠実さに合わせてきめ細やかな思いやりが
富士通製品にはあり、UH75/HNのキーボードなのですが、

UH75H000921.jpg

とーっても薄いのです。本体が薄いから仕方ないですね、

けれど薄くても使い勝手が悪くならないように凹上形状でキーが指に沿う、
球面シリンドリカルという素材を利用しているので、指にフィットし
前後左右に移動しやすいのです。


また、アイソレーションキーボードですので、ネイルをしていても
使いやすいことも嬉しい。

fujitsukeyborad01.jpg

あとこまかーな配慮として、ディスプレイの選択が
できるようになっているのですよ、私はあまり気にしないのですが
ディスプレイへの周囲のうつりこみが嫌だと言う方が多いようですね。

620panerufujitsu10.jpg

左の方が、フルフラットのングレアで、反射防止がされていて
みためにも、ツヤ感はありませんので、目の疲れが軽減されるのかな?

右は、多少周囲の風景が画面にうつっていますね、私は気にならないけど、
仕事でつかうなら、ノングレアの方が疲れないかもしれません。

このように、ディスプレイにもこだわりをもてるのが、富士通WEB MARTでの
カスタムメイドならでは。

富士通 FMV LIFEBOOK UH

SSDを増量してみたり自分の目的・用途に合わせてオーダーする
楽しみがある!

性能は抜群な上、持っていることを忘れる程の、省スペース!

inbagultrabook001.jpg

普段使いのトートバッグに気負いなく入れられるサイズ。

話題のウルトラブックは、信頼の富士通で!

やっぱり・・・ブラボーMade in Japan

ultrabooktopfujitsu1.jpg

LIFEBOOK UH75/HN
icon

カスタムメイドはウェブ限定富士通WEB MARTへ!

訳ありセールとかクーポンなどその時期に合わせて色んなイベントを
やっている所も魅力ですよ~^^

富士通 FMV LIFEBOOK UH
関連記事

コメント

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/963-39579a87

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。