バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓の毛替え札幌シャコンヌ口コミ分数バイオリンViolin bow rehair

分数ヴァイオリン 1/4の 弓の毛替え を sapporo に帰省した時
札幌シャコンヌで依頼してきました。

620chaconne1.jpg

15周年記念 でキャンペーン中だったんです。弓の毛替えがなんと半額セール。
お店の事を書いていいですか?と聞くと快く写真も撮らせていただきまして
とても 客を大事にしてくれるお店だなと感じました。

中は チェロや沢山のバイオリン

620chaconne2.jpg

バイオリンは古いの新しのいろいろ扱っていますが
シャコンヌは特許をとっている ニスの技術があります。

620chaconnne45.jpg

それは ベネチアン・テルペンチン からオリジナルのニスを
作っているのです。頂いた15周年記念カタログによると・・・


   ・・・オールド楽器のニスはオリジナルが十分に残っていることは少なく
   後世に塗られたニスによってカバーされています。そのような楽器は、本来の
   繊細な音色、豊かな響きを出すことができません。オリジナルではないカバー
   ニスを取り除き、楽器全体の強度を整えることによって、本来の名器によみ
   がえります。また、オリジナルニスが少ない場合、後述のベネチアン・
   テレピン油によるニスを少しでも足すことによって、生き生きとしたオール
   ド名器の音が再現されます。~中略~

   オールドイタリ―の名器作家は、最後に塗るニスによって楽器の持つ音を決
   めています。長い間そのニスは永遠の秘密とされてきましたが、シャコンヌ
   では、オールドクレモナニスの再現に成功しました。(国内特許取得済み、
   英・伊・米・中・独・仏の6っカ国で特許申請中)


そのニスは比重が軽くて硬いので、音の反応が良く、

高域の倍音が豊か に出るそうです。
一般的なニスは柔らかく輝かしい倍音に欠けるとのこと。

今回時間もなく試奏できませんでしたが次回は 子どもに (私ムリ)試奏してもらおうかと

だって 音の美しさに驚かれることでしょうって 書いてあったのーーカタログに!

工房が奥にありまして 流石 北海道というか 天井が高く
工房机の前は 大きな窓が開けていて 札幌の街並み に
見守られながら 修繕 等を しているようです。

壁に掛けられた 工具が圧巻。

620chaconnekoubou.jpg

女性社員の方が 私の対応をしてくださったのですが やはり
幼いころから バイオリンを勉強していたとのこと。 今は
作る側にもまわられているようです、素敵な職業ですね。

1時間20分ほどで毛替えが終了しました。
価格が4000円の毛と2500円(学生向け)の毛と二種類あったのですが
志低く 学生向けにしてしまいました。(でも半額だったから 高いのにしとけばよかった)

高い方は厳選した 尻尾(馬)を使っているそうです。

が!  全然 学生向けでも 問題なし 私にはどこが安いのかわかりませんでした(素人だし)

毛替え後の音はこんなかんじです。1/4分数です。



また この曲かい・・って今度アンサンブルでとあるイベントに出るもんで。引き続き練習中。

毛のアップはこんな感じです ↓

620chaconnelast.jpg

キレイでしょう?

札幌シャコンヌさん 本当に心のこもった対応ありがとうございました
また 帰省の時には是非お世話になりたいです (*^_^*)

そうそう 余談ですが帰りの飛行機で 桃ヶ丘音大こと洗足大学で
フルートをされている方と同席し のだめなスクールライフを伺う事ができました☆

【Chaconne Sapporo 店特別企画!毛替え半額セール】

(2011年8月25日現在の情報)
期間:8月2日(火)~11月27日(日)  ※秋の札幌展示会最終日まで
例:ヴァイオリン弓毛替え,Standard 5,250円→2,620円(税込価格)

札幌市中央区北3条西1丁目1-1
パナソニックビル2F
TEL:011-221-2561 FAX:011-221-2562
営業時間:10:00~18:30 定休日:日・月

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
レビューポータル「MONO-PORTAL」
関連記事

コメント

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/702-2e59cd91

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。