fc2ブログ

バナー

ひな人形七段飾りと一刀彫も飾りました。

あかりをつけましょ ぼんぼりに~~
今日は雛まつり!

ohinasama640hutari.jpg

今年は遅くって先週出したばかり・・もうしまうのね
結構苦労したのに~

上の子たちがいない間に台を息子と一生懸命組み立てました

320kumitateohinasama.jpg ohinasamasitaku1.jpg

↑頼もしいわ♪結構活躍してくれました。

ohinasamadankazari1.jpg
人形は上の子たちが帰ってきてからのお楽しみ。

園から帰った真ん中の子がかえってきて喜んでお雛道具を飾りましたーー

人形に帽子をかぶせるのが一番大変でーこれは私の仕事。
顔を下手にいじってしまうとシミになりそうだから~

私が使ってたひな人形です。○○年モノ。

ひな人形の由来や歴史

雛まつりは三月の節句(上巳)・桃の節供ともいわれます。
日本の五節句のうちの一つで子供が無事に成長したことを祝う行事として生活に定着しています。

歴史的には平安時代の文献から貴族の子供の間で「ひなあそび」的なものが見受けられるが原型としてそれ以前より「ひとがた」身代わり人形として存在していたという。

太平の世になった江戸時代より人々の間で現在考えるような雛まつりとして広まった。らしいです



この雛飾り飾るのはタイヘンなんですが子供の喜びが毎回想像以上で・・
ついつい 出してしまいます。

スケールのおっきいおままごと

って印象なんだと思う 子供達にとって。

お雛道具とか、私も子供の時フシギで見るのが大好きでした。
これは台子という茶道具を一式入れておく棚です。
隣に見えるのが火鉢だね。

ohinasamadougu11.jpg

こんな風に現代社会、一般家庭ではお目にかかることのできない
日本古来のミニチュア調度品、子供ではなくても見るだけで楽しめます。

箪笥の中に私が子供のころ入れたおはじきとか入っていて
そういうのもまたタイムマシーン的に楽しかったり。

これはあくまでも私のなので私の身代わり人形。

子供のお雛様はおじいちゃんおばあちゃんたちが用意したひな人形が
あってこちらは簡単に出せるお殿様とお姫様の一刀彫

ohinasamaittoubori500.jpg

ひな人形はまず「お顔」そして「衣装」らしいですがこの一刀彫はおばあちゃん
が、一生懸命みてあるいて探しただけあって顔もキレイ、衣装の色も鮮やか!

日本橋三越で購入したようです。
(下のリンクは三越さんですが2011年現在はまだひな人形は通信販売はないようです)

三越オンラインショッピング



割と小さいので居間の棚に置ける。これもまた風物詩。

さてお雛様祭り当日今日のご飯は何を作りましょうか??
やっぱりお寿司とハマグリが鉄板?材料買いに行かねば~~~(^o^)b

以下の評価ボタン・ランキングクリックご協力お願いいたしますどれか
押してもらえれば助かります~ありがとうございます(*^_^*)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  ブログ掲示板神奈川県 PINGOO!カテゴリノンジャンル 

カワイイひな人形



 

レビューポータル「MONO-PORTAL」
関連記事

コメント

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/532-2141a20b

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...