バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノやヴァイオリンの上達方法♪我が家ではRock tubeが必須です

四月より習い事スタートという方も多いと思い子供のおけいこ事について
音楽編です。
短くまとめるつもりがついアツクなって長文です。興味のある方だけどうぞ

*2012年にブルーレイが我が家に投入されて
現在はRock Tube ではなく もっぱらブルーレイのほうでネットを見ています

1rejin.jpg

おけいこ事に必要なものって何でしょ~か?

私は小さなころそんなことも分からず 親もそんなことは
構わない人だったので二年ぐらいでピアノはギブ。引っ越しする
こともあったし渡りに船で辞めてしまいました。

幸い結婚後は引っ越しする環境にはなく子供達にたまたま近所にいらした
ピアノとヴァイオリンの先生にそれぞれ上の子二人を習わせることにしました。

そこで悟ったのは

 
   ① 楽器が必要
  ② 親のサポートが必要




という実にシンプルな 音楽やってる方にしたら当たり前のことにやっと気付きました。
でもそれも習い始めてしばらく一年ぐらいしてからです。
というのは最初我が家ではピアニストにでもならない限りピアノなんて

いらないと思っていましたが一年習って鍵盤が足りないことと発表会で

グランドを弾くのにとうてい指が耐えられない

と気づいてお友達とピアノ百科というところに行きました。

私は当初電子ピアノを探していたのですが一緒に行った友達が「どうせ買い変えるなら
中古でいいからピアノにするべき」だと一点張りでした。

私にしてみれば「店員さんの前でそんなこと言わないでーー私は電子でいいのよ・・
と思っていましたが、ふとどーしてでしょうね( ^^) 帰ってから
ネットで中古ピアノを検索していました。

そして自分の家のスペースに入る電子ピアノの上位機種ぐらいの価格のピアノを見つけて、

思いきって購入することにしました。

そのピアノは楽器的には非常にランクの低いものでしょうが
それでも、やはりアコースティックは音の響きが全く電子のそれとは
比べ物になりませんでした。

木が共鳴(というんだろうか??)しているのが指に伝わり、
音の広がりに厚みがあるのです。

こうして真ん中の子もしばらく先生にバイオリンを借りてからマイ楽器を
クロサワ楽器で購入しました。(過去記事:詳細:音源アリ☆Reghin 【1/4】 分数バイオリンセット

もちろん 最初の導入はキーボードでも借りものでもなんでも
いいとおもいます、楽しさを知るきっかけとしてはそう思います。
また住宅状況・家族構成によって場所をとる音が大きな楽器は
諦めざるを得ない場合もあるかと思います。
その時はアコースティックに近い感じの電子楽器を選べば趣味として十二分に楽しめると思います。




もうひとつ必要なものそれは手本になる演奏を沢山聴くこと


それからほどなくして、先生に誘われ、ピティナのコンクールの予選を
子供達と見に行きました。

250siagepiano.jpg

そこで私がみたのは小学校一年生の子たちの演奏でした。
あらかじめ先生より我が家の子もそのピティナの課題曲の譜面を
渡され練習していたんですが、その予選会場で聞いた課題曲は

まったく 同じ譜面にもかかわらず、
全く違う曲のよう
 に聞こえたのです。

というか ピアノは弾き方によってこんなにも
歴然とした違いが出るものなのだ
と後頭部をガツンと殴られたような気分でした。

その予選に出てた子は自分たちで懸命に練習をしていただけではなく
毎回の練習を恐らく親御さんがしっかり見ていたのだろうと想像がつきました。

それからというもの 練習の時は音を聴き わかる範囲で
アドバイス(といっても私、音楽教育は受けてないので、譜面と同じかどうかという点)
するという当たり前のことをするように更生しました(σ´∀`)σ

で・・・ここからが佳境ですよ!前置き長くなってしまいましたが・・
ピティナの予選で素晴らしい手本を聴き 痛感したことが

 
   正しい手本や良い演奏を沢山聴くこと


それこそが 練習に次ぐ大きな上達方法 の一つだと気づいたんです!

でも 野球やサッカーのように常にテレビで放映されてるわけでもなければ
毎週クラシックコンサートに行けるような家庭でもない、
さてどうするっ ってときに 

「あぁ YOU TUBEに演奏が沢山アップロードされてる」

と気づいてからは、子供と時間のあるときに検索して 



上手な演奏やプロの演奏を聴く機会が増えました。発表会前には動画に合わせてバイオリンを
演奏したり、また他の子供の演奏を聴くことで発奮することができました。

ピティナにも公式ページがあります→2008入賞者記念ピティナ公式

ただ哀しいかな ノートパソコンの画面では決定的に迫力に欠けるのです。

そこで一月にも紹介した Rock tube で演奏をテレビの大画面で見るのです!

rock tube

上の画面はテレビですがRock tubeという小さな装置を接続すると
このように大画面でいつでもYOU TUBEを見ることができるようになります。

操作はリモコン片手でできるスグレモノ。

これには 本当に本当に助けられています!!
昨日も夜に「ラフマニノフ(こればっか今ハマってます)を聴こう」
と思い立ちずっと流しっぱなしにしてました。

3509rocktubetop.jpg

聴きたい時に聴きたい演奏を無料でテレビで見ることができるって
スゴイ!!クラシックの番組はテレビ放映では限られてるし
聴きたい演奏が放映されるとも限らない。

でも YOU TUBEならおそらく殆どの曲を網羅している
のではないかと思えるほどです

音楽系 いえ 運動系のおけいこごとにも
お手本を見るなら大画面のRock Tube で!!

ioPLAZA【ロックチューブ】

めっちゃオススメです、うちは毎日テレビの代わりがコレです。
接続も簡単ですよ
過去記事をご覧ください↓
家族団欒?自己陶酔?Rock Tubeはお手軽・簡単エンターテイメント

評価ボタンランキングクリックよろしくお願い致します!!!
誠にありがとうございます!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事

コメント

Re: 今度

むらゆき コメント有難う、楽しみにしています、
依頼の件もうちょっとで完了するからお待ちを・・・  

こないだしんしんと連絡取ったとき元気そうだったので
一回は集まりたいよね(*^_^*)

2011年02月27日 05:49 from melonURL

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/527-3a52497f

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。