バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスイブ

クリスマス・イブです


今日は日本中でもとってもウキウキな日かと思います

先日教会の日曜学校でクリスマス会が前倒しでありました。

食事の前に2009年前のクリスマスイブのDVD、クレイアニメ

をみんなで見ました。

子供向けなので内心「どれぐらいかかるんだろう」と

不謹慎にも思いながら子供たちと一緒に見ましたが

とても感動しました。絵本や聖書ではよく知っている話ですが

こういった動画で見たことがなくすごくリアルにあの

当時を感じることができました。

クレイアニメなんですが非常に緻密に作られていて

ベツレヘムまで行く道のり、身重なマリア様を気遣う

ヨゼフ様の優しさ、そして宿泊場所が満員で馬小屋

に泊まり、そこで静かに、揺るぎない光が生まれてくる様

が美しく描かれていました。

赤ちゃんのイエスさまがとっても可愛くて・・・!


わたしはカトリック信者ですがそうでない方は

こんな話はなんとも現実味のない話に思えるかと思います。


私も、もしも今まで経験したようなことがなければ

こんなこといきなりいわれてもぴんとこない、うざったい

と思うと思います。懐疑的な性格なんで。

経験といってもオカルトな神秘体験や奇跡をみた!

とかそんな類ではありません。


ただ子供のころから一人のドイツ人の神父様

北海道美唄市のマンフレード神父様について一緒に遊んだり

廃品回収をしたり、薬を持って被災地やライ病村、

マザーテレサの死を待つ人の家

あらゆるところに連れていってもらいそこにいる人たちと共に時間を

過ごす機会を得ました。


子供のころはそのことについて何か宗教的なものを

感じることはなくただ楽しんでいました。

でも大人になった今その時のことが、そこであった人々

そして神父様の中にキリストの姿を見たと感じるのです。


マンフレード神父様は70歳を過ぎた今も奔走し、

多くの人々に光を伝え続けています。

最近ではバングラディシュに歯科大学を設立するのに

尽力しました。

私も超微力ながらお手伝いさせていただいてます。

といっても今は献金ぐらいしかできませんが。

その歯科大学はSapporo Dental Collegeという名前が付いています。

北海道の歯医者さんの中古の椅子や設備を再利用しているようです。

そしてそこで勉強した人たちはただ医者の地位について治療するだけでなく


週に一回スラム街で奉仕の治療をしています。


光が更に大きな光になる、マンフレード神父様の行いに

私はその光を否定することなど、とてもできないのです。


そしてクリスマスイブはこの地球上に光が持たされる

前の、聖なる夜だということを

知ってもらえたら 嬉しいな♪

と思います。


関連記事

コメント

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/151-5f4bf356

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。