バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生読書おすすめ本子供に科学の不思議な話365ナツメ社より

小学生読書おすすめ本子供に
科学の不思議な話365ナツメ社より


randoseruraku0021.jpg

ランドセルラックを、勇んで買いましたが、
まだあんまり入れるものもなく、  (ランドセルラックは過去記事→ベルメゾンランドセルラック記事

(でもこれがたった1年で恐ろしいほど増えるんだな~~)

仕方ないのでお道具箱など入れていますが

せっかくなので、本に親しんでもらおうと
1冊選びました。

只今うちの学校では、朝の読書活動絶賛奨励中 で、

本読み活動を推進しているお母さんたちが
朝に行っておすすめ本を読み聞かせしております。

で、そんな読み聞かせを行っているママに、

○ 読書をしてない子でも興味がもてて、

○ パット読める

○ ついでに大人も楽しい・・・!


そんな本を聞いたら、うってつけの本が!

特に男の子ならオススメよ~~

との一言で、決まり。



表紙もかわいい~~

これのどこが凄いのかというと・・・・・・

毎日、寝る前とか。気軽に読んで読書という行為を日常化する。



タイトルに365って入っているように、
365日分、興味をそそられる話が満載です!

これは科学バージョンなので、科学に関する身近な
話題から、壮大な宇宙まで・・ときに科学者の
短い伝記などもあり、その話題の繰り出し方が
飽きさせません。

一日1ページ分なのですが、この分量もまた
絶妙。あっという間に読み終えられるのに、
謎が解けたり、なんていうんでしょうね 

物事を、知ることができるのです

帯だけご紹介

book365.jpg

子供が質問しそうな、でも質問されて
大人が答えに窮する内容も結構あるので
大人もためになるという。へ~~~ というかんじです。

この帯の裏側に、日本科学未来館館長の毛利衛さんの言葉が添えられていますが、

「科学にときめく気持ち。幼いころの感動は
かけがえのない経験となるはずです」


とあります。

ときめきって、言葉にするとき恥ずかしいですが
これがなければ、物事に対する情熱って湧かないし、
何よりも大事なことなのかな~と。

私も読書しなさ―――い って子供に言っているだけでしたが
強制される読書ほどつまらないものはないですよね。

私は子供の頃から字が好きで、書いてあるものは
どんなものでも読みたい(ためになるとか、頭に入るかは別にして)子供でしたが

うちの子どもたちは、3人とも体育が一番好きな科目

私とは真逆な体質のようです。 なので・・・本読ませるのは
苦労してたんですよ~~~ (でも運動が好きというのも苦手な私からは羨ましい気もする)

だけどこの本は、

○ 1ページ完結

○ 不思議な知りたい欲求を刺激する内容

○ オールカラー 

(この辺は甘いような気がしますが、読書嫌いにはこれぐらいしてもらわないと駄目ですね)

なのです。

寝る前に絵本読むということを
もう少し小さい頃は良くしてましたが、
この本をおうちにおいてから、上の子たちも
読んで読んでというようになりました。

(一番上はやっと自分で読書するようになりましたが、
その顛末は後日)

寝る前のひと時、大人も童心に帰って
不思議を考える、そんな時間が持てる本です!

超オススメ!!


紹介した本 → 【送料無料】好奇心をそだて考えるのが好きになる科学のふしぎな話365 [ 日本科学未来館 ]



関連記事

コメント

トラックバック

http://luchin.blog6.fc2.com/tb.php/1053-b41c03b7

Related Posts 

Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。